肘はなぜ黒ずむのか

最近、肘が他の皮膚より黒ずんでいるような気がしてならないのです。
気がするだけでなく、黒ずんでいるのです。

肘が黒ずむ原因は、摩擦、刺激、圧迫、乾燥などがあるといわれています。
上記の中で、原因として最も多いのが「摩擦」によるものです。
摩擦は洋服によるもので、肘にダメージを与えているのです。
摩擦が起こることで、その部分の角質層は発達し、メラノサイトを刺激することでメラニン色素が多く生成されて、メラニンの色素沈着が黒ずみになります。

しかし、洋服を着ないわけにはいかないので、この擦れは日常的に起きてしまいます。
少しでも黒ずみを起こさないために、ボディークリームなどを塗ることで摩擦による影響を軽減しましょう。

また、何らかの刺激を受けても肌のストレスとなって、これに反応してメラニン色素が多く生成されます。
メラニン色素は、通常はターンオーバー時に排出されるのですが、刺激などでターンオーバーが乱れるとメラニン色素が排出されずメラニン色素が沈着した状態なることで、黒ずみになります。
入浴する際にナイロンタオルなどでゴシゴシ洗うことも刺激につながるので、入浴時には優しく洗うようにしましょう。

クリアネオの効果的な使い方!20代~50代の社会人にオススメ!!